当院は国際医療プログラムで第一位となりました

2019年最後の日、本日は大変嬉しい出来事がありました。

当院は、2019年度の台湾の国際医療プログラムにおいて、見事第一位に選ばれました。
これは台湾の国民健康福祉局が管轄する「2019年度医療サービス国際化推進計画、第二次国際医療会員機構選抜」プログラムとなります。

国民健康福祉局は日本では厚生労働省にあたる国の機関となり、台湾の医療を世界に向けて推進しています。

受賞背景としては、当院の日本を含めた海外のお客様への治療実績、取り組みが高く評価されたものとなります。


当院は高度不妊治療クリニックとして、日本やアメリカ、ヨーロッパから卵子提供や着床前診断を受けに多くの方々にお越しいただいております。
今回当院が、数多くのクリニックや総合病院を抑えて、最も高い評価をいただけたことを大変光栄に思っています。

私たちは、不妊で悩む方々に対してより良い治療を親身になって提供することで、一人でも多くの幸せな方を増やしたいという想いを持っています。
これはずっと変わることのない想いです。

今回このような評価をいただけたこと、そして多くのお客様の治療に携われていることに感謝をし、これからもスタッフ皆で、より一層良い治療を続けていきたいと思っています。

先日当院の生殖センター長の呉が、当院の取り組みを発表させていただきました。(場所:衛生福利部國際醫療管理工作小組)



大新生殖中心のホームページ
着床前診断・卵子提供等の高度不妊治療クリニック