染色体数の異常を調べるNGS法とは 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜

こんにちは。

前回は着床前スクリーニング(PGS)での
染色体数の異常を調べる方法のひとつ、CGHアレイ法をご説明しました。

CGHアレイ法で染色体数を調べる ~着床前スクリーニング(PGS)~

今回は、最新の分析機器を用いた、
NGS法というものをお伝えしていきたいと思います。

私たち大新生殖中心も、着床前スクリーニングにはこのNGS法を用いています。

この最新の分析機器は次世代シーケンサーと呼ばれていまして、
N: Next(次の)
G: Generation(世代の)
S: Sequencer(シーケンサー)
の頭文字をとって、NGS法という名前がつけられています。

NGS法を進める前に、DNAと染色体を整理しておきたいと思います。

そもそもDNAとは

DNAを構成するものに、さらに小さい単位で
塩基(えんき)というものがあります。

アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)という、
4種類の塩基というものがあります。

この塩基がペアになり、DNAを構成しています。

非常に長いものもあれば、短いものもあり、全てDNAとなります。

この塩基配列を読むと、DNAにどのような情報が書かれているか知ることができるのです。

染色体とは

このDNAがタンパク質に絡みついて、プロセスを経て
凝集したものが染色体となります。

そのため、染色体はDNAとタンパク質から成るものだということがわかります。

次世代シーケンサー

次世代シーケンサーは、細胞にある全ての染色体にあるDNAを、
まず細かい断片にし、それらを一気に読み取ることができる機械です。

そのため、これまでとは比べられないほどに
膨大な情報を同時に処理ができるようになりました。

次世代シーケンサーは、着床前スクリーニングだけでなく、
生物の研究にさまざまな場面で使用されています。

すべてのDNAを読み込んで人の遺伝情報を把握することもできれば、
ところどころピックアップして、染色体の数が違っていないかを
確認することもできるのです。

使い方を特定していくことで、比較的安く胚盤胞の染色体数の確認に
応用することができるのです。

今回は、NGS法について概要をお伝えしました。

次回はもう少し踏み込んで、NGS法で染色体数の異常を確認する方法を
お話ししていきたいと思います。

ホームページ

卵子提供 台湾の大新生殖中心

来年1月に卵子提供 着床前スクリーニング説明会を開催します・・・1/26 東京、1/27 名古屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です