NGS法の手順について 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜

こんにちは。

年末の投稿では、着床前スクリーニングで私たち大新も用いている、
NGS法というものを紹介させていただきました。

NGS法は染色体のDNAをまず細かい断片にします。

その断片を次世代シーケンサーというものを用いて、
一気に読み込んで、染色体の数が正常かどうかを判定しています。

今回はもう少し詳しく、NGS法の流れを見ていきたいと思います。

(1) 胚盤胞から細胞を採取
まず、胚盤胞から、将来胎盤になる部分の細胞のうちの数個を採取します。
詳しくは以前の投稿をご覧ください。
胚盤胞から細胞を採取する 〜着床前スクリーニング(PGS)〜

(2) 採取した細胞からDNAを抽出

(3) 増幅処理
採取できる細胞数は限られているため、
WGAという方法で、その貴重で限られたDNAを何万倍にも増幅させます。

(4) DNA断片を読み取り・分析
増幅されたDNAの断片を一気に読み取ります。
そしてコンピューターに取り込んで、
各染色体のDNA量が正常か、分析をしていきます。

正常なDNA断片の割合と比較して、
多いか少ないかを見ることで、染色体数を判定していきます。
異常な数値が出てくる際には、何番目の染色体の
どの場所の配列が異常であるのかも特定していくのです。

例えば、21番染色体のDNA量は細胞内の核DNA量の1.9%です。
数値化された21番染色体の断片数が、全体の1.9%であれば21番染色体は正常と言えます。
これがもし1.5倍の2.85%となる場合には、この受精卵は21番染色体が3本ある、
トリソミー21(ダウン症候群)ということが特定されます。

このように、染色体数の異常を確認するために、
DNA量からさかのぼり特定をしていく技術となっています。

NGS法は精度が高いことなどにより、世界中で普及し、
最も広く使われている着床前スクリーニングの方法となっています。

卵子提供 着床前スクリーニング説明会

ホームページ

卵子提供 台湾の大新生殖中心

来年1月に卵子提供 着床前スクリーニング説明会を開催します・・・1/26 東京、1/27 名古屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です