卵子提供について①

こんにちは。

今回からは何回かに分けて、卵子提供について説明をしていきたいと思います。

日本では卵子提供について知る機会は決して多くはありませんので、卵子提供.com の内容も踏まえ、少し整理してお伝えしていければと思っています。

まず、卵子提供とは奥様の代わりに、ドナーとなる別の女性から卵子の提供を受けて体外受精を行うことを言います。

血液や骨髄といったドナーが広く知られていますが、ご自身の卵子で妊娠が難しい場合、ドナーによって卵子が提供されるという仕組みがあります。

他の方から卵子の提供を受けたあとは、通常の体外受精の流れと同じとなります。

採取しておいたご主人の精子とドナーの方から提供された卵子を体外受精させて、胚盤胞まで育ったものを女性の身体の中に戻し、着床と妊娠を待ちます。

ときに代理出産と認識されることがあるのですが、代理出産とは異なり、ドナーの方から提供された卵子を使って、奥様ご自身のお腹のなかで育てるものとなっています。

そのため、出産した女性が実の母と認められていますので、生まれてくる子どもも戸籍上の実の子どもとなります。

今回は卵子提供に関する概要を説明しました。

次回は卵子提供が必要となる方について、お話をしていきたいと思います。



ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です