着床前診断 (PGS/PGT-A)とは ①

染色体異常を特定する着床前診断(着床前スクリーニング)

不妊治療を続けていると、女性はさまざまなことに悩まされます。
着床・妊娠ができなかったり、やっと妊娠ができても流産を経験してしまったり、グレードの高い胚盤胞が育って移植ができたにも関わらず妊娠できなかったりという、不妊治療ではそれぞれの方が悩みを抱えています。

不妊にはさまざまな原因がありますが、実は、その中でも最も多いものが胚盤胞の染色体異常によるものです。
一般的に20代の方でも胚盤胞のうち20〜30%に染色体異常があると報告されていますが、年齢が上がるとこの割合はさらに高くなってくるのです。

40歳ではおよそ60%、43歳では80%以上の胚盤胞に染色体異常があるとされていて、染色体に異常がある胚を移植した場合、着床がうまくいかなかったり、流産となってしまったり、胎児の発育が停止してしまうといった影響が出る可能性があります。

また、ダウン症などの病気も染色体異常によるものとなり、健康な子どもを産みたいというのは多くの方の願いでもあります。

こちらでは胚盤胞の染色体異常を特定する技術である、着床前診断について説明をしていきます。
日本では着床前診断と呼ばれることが多く、その他の呼び方では着床前スクリーニング、PGS、PGT-Aとも呼ばれていますので、ここでは着床前診断(PGS)と統一して説明します。

繰り返しの移植、流産によるさまざまな負担

不妊治療を続けることは、女性にとってはさまざまな負担が身体にかかってきます。
繰り返し採卵、胚移植を行うことによる身体への負担。
胚移植を行うも失敗、流産してしまうことでの、次の移植周期まで待つ時間の負担。
何度も採卵、移植を繰り返すことでの重くのしかかる金銭的な負担。
そして、妊娠とならなかったことや流産になってしまうことでの大きな精神的な負担などです。

またさらに、妊娠をした女性の方やご主人にとって、お腹の中で育まれていた生命が途絶えてしまう流産というのは非常に辛い経験です。
妊娠の喜び、命を授かったことによる幸せのあとに流産になってしまうと、悲しみ以上の大きな喪失感を感じてしまいます。

そのような悲しい思いをさせないよう、医師も、流産を防ぎ、より多くの方の願いを叶えたいと思っています。

そうした中で医療の進歩に伴い、胚移植をする前、すなわち胚盤胞の状態で染色体の異常を特定する着床前診断(PGS)が世界的に普及をしてきました。
これは不妊治療を続けてきた方、高齢妊娠を望む方にとって大きな助けとなる医療技術です。

着床前診断(PGS)による妊娠率

2012年〜2018年での当院での着床前診断(PGS)の実績を下記に示します。
これは自身の卵子を採卵し、着床前診断(PGS)を行った場合、行わなかった場合での結果両方を掲載しています。

38歳の時点ではおよそ半分の50%近い割合で胚盤胞に染色体異常が起こるという調査結果があります。
そのため年齢を38歳で分けると、
・38歳以下の年齢の方でも妊娠率が14.0%高くなり、
・38歳以上の年齢の方では、33.3%→66.7%へと2倍以上に妊娠率が高くなっています。
このデータにはありませんが、染色体異常のない胚盤胞を移植しているため流産率も下がっています。

続きは次の記事「着床前診断(PGS/PGT-A)とは ②」よりご覧ください。

大新生殖中心のホームページ
着床前診断・卵子提供等の高度不妊治療クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です