院内のご紹介

こんにちは。

前回の投稿から少し時間が空いてしまいましたが、今回は大新の施設をご紹介します。

日本で説明会を行う際には、運営のみサポートしてくださる日本の方がいます。

ちょうど台湾に出張に来ていましたので、今回、大新にも寄っていただきました。

ご本人もいろいろ動画を撮っていましたので、せっかくですので大新の紹介を少ししてもらいました。

大新は3階建てになっていまして、

1階は受付や相談室

2階は培養室などの生殖センター

3階は休憩室、採精室  が主にあります。

1〜2分の短い動画で、なんとなく大新の雰囲気も感じていただけると思いますので、よろしければ、下記のリンクよりご覧ください。

朝の時間のまだ準備中、お客様がまだいない間に撮影されたようです。

大新ご紹介①(1階)
https://youtu.be/fOnNwBmbXtw

大新ご紹介②(2階)
https://youtu.be/WHKSVDFyr8s

大新ご紹介②(3階・休憩室)
https://youtu.be/aDjouMRR-mA




ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)、4/14(日)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

卵子提供について①

こんにちは。

今回からは何回かに分けて、卵子提供について説明をしていきたいと思います。

日本では卵子提供について知る機会は決して多くはありませんので、卵子提供.com の内容も踏まえ、少し整理してお伝えしていければと思っています。

まず、卵子提供とは奥様の代わりに、ドナーとなる別の女性から卵子の提供を受けて体外受精を行うことを言います。

血液や骨髄といったドナーが広く知られていますが、ご自身の卵子で妊娠が難しい場合、ドナーによって卵子が提供されるという仕組みがあります。

他の方から卵子の提供を受けたあとは、通常の体外受精の流れと同じとなります。

採取しておいたご主人の精子とドナーの方から提供された卵子を体外受精させて、胚盤胞まで育ったものを女性の身体の中に戻し、着床と妊娠を待ちます。

ときに代理出産と認識されることがあるのですが、代理出産とは異なり、ドナーの方から提供された卵子を使って、奥様ご自身のお腹のなかで育てるものとなっています。

そのため、出産した女性が実の母と認められていますので、生まれてくる子どもも戸籍上の実の子どもとなります。

今回は卵子提供に関する概要を説明しました。

次回は卵子提供が必要となる方について、お話をしていきたいと思います。



ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

日本の不妊治療について

こんにちは。

まず、このグラフをご覧ください。

これは日本産婦人科学会公表の2012年のデータを整理して、
見やすくグラフにした図です。

2012年時点では、日本は24万件以上の凍結胚の移植が行われており、
世界で一番多い件数となっています。

また、2017年時点ではアメリカの不妊治療病院数が441に対して、
日本は625となっています。
人口2.5倍以上、国土25倍のアメリカよりも多く、
不妊治療関連の病院数でも世界一となっています。



次の図は、採卵一回あたりの妊娠率と出生率の調査結果を示したものです。

ご覧の通り、先進国の中で日本は、
一回の採卵あたり最も低い成功率となってしまっています。

それぞれの国での治療内容は異なりますので、
一概には比較ができないのですが、ご参考いただければと思い作成しました。

これは、2016年に国際生殖補助医療監視委員会(ICMART)が発表した
各国のデータを整理したものです。

なお、各国の2010年のデータですので、
各国で最新のデータがあがってきた場合には、異なってくることと思います。

医療は自国で行われるものですので、
なかなか他の国のことというのはわからないものあるかと思います。

上でも書いたように、このデータだけで治療が優れている、そうでないということは、
一概に比較はできないものであることは認識いただければと思います。

しかしながら、知識として他の国の医療のことを知らないという状況も
決して良いものではないと思いましたので、お見せしました。

医療に関しては、倫理的な側面なども十分に議論をして、
悩む方にとってより良い選択肢が増えればと思っています。

次回は、卵子提供の仕組みについて説明したいと思います。



ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

卵子提供に関するサイト

こんにちは。

ご存知のとおり、私たちは台湾で不妊治療クリニックで、これまでも不妊で悩む方が安全に妊娠できるようにお手伝いをしてきました。

いまでは日本のお客様にも治療を受けていただくことも多くなり、台湾の治療のことをお話しさせていただく機会も増えてきました。

その中でも卵子提供に関しては、日本ではこの選択肢があまり多くの方に知られていないために、正しく知ることのできる情報も限られているように思っていました。

私たちもこうしてブログを書いたり、先日の投稿にあるように説明動画を作ったのも、卵子提供について正しい理解をしていただければと思ってのことです。

正しい理解をもつからこそ、それが自分に合うのかもわかるようになり、卵子提供を受けようと思う方には、どこの国が合うのかもわかるようになるのではと考えています。

私たちは変わらず、卵子提供はあくまで最後の選択肢であると考えています。

ですが、長く不妊治療で悩んでいる方や、これまで失敗が続いてしまった方、そしてお身体の状態としてご自身の卵子での妊娠が難しい方には、これは子どもを授かる希望の一つともなります。

そうした中で、卵子提供について正しい理解をしていただけるように、整理して情報をお伝えしていこうと思い、新たなサイトを作りました。

“卵子提供に関するサイト” の続きを読む

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2019年に入って最初の投稿です。

皆さま、今年もよろしくお願いします。

お正月休みのある日本と比べて、
実は台湾では日本ほどには長いお休みはありません。

多くの会社では12月31日と1月1日はお休みになりますが、
1月2日からはいつもと同じように、
お仕事をスタートしているということも一般的です。

台湾ではそれ以上に旧正月という、旧暦で祝う正月の方が大事だったりします。

旧正月は1月21日頃から2月20日頃までで、毎年変わるのですが、
今年は2月5日が旧正月にあたります。

“明けましておめでとうございます” の続きを読む