出産の高年齢化と生殖補助医療の増加

こんにちは。

前回、前々回の投稿で、年齢が高くなることによる
分娩率、流産率のデータをお見せして説明しました。

前回)体外受精:年齢と流産率の関係

前々回)卵子と老化の関係

人間である以上、年齢には逆らうことができず、
特に卵子はどうしても老化が進んでしまいます。

最近は晩婚化が進んだことや、生活環境の変化でストレスも抱える方も多く、
不妊で悩む女性はさらに増えてきています。

これはおよそ30年前と今とを比較したグラフです。

およそ30年前には、第1児の出産年齢の平均が26.8歳であったものが、
2015年には30.7歳へと、この期間で4歳上がっています。

さらに、2人目、3人目の子どもを授かる年齢も上がっています。

30年前と比較し、2人目では+3歳、3人目では+2歳となっているのです。

さらに、不妊で悩む女性は増えたことや医療の進歩もあり、
生殖補助医療を受ける方も年々増えています。

ART実施周期数の年次推移
生殖補助医療を受ける方の推移

2000年から2013年の14年間で、生殖補助医療の実施件数は5倍以上へと増えています。

これは日本生殖医療研究協会が発表したデータを記載しています。
出典)http://www.jrarm.org/repromedicine.html#

実はこうした晩婚化や出産年齢の上昇、そして生殖補助医療が増えている状況は、
日本だけでなく、私たち大新のある台湾でも同様です。

女性の社会進出も以前と比べればはるかに進み、社会は進歩しました。

そうした社会環境が変化したことで、女性は結婚が遅くなることも増え、
結果子どもを授かるのも遅くなってきています。

子どもを授かりたいという気持ちをもって、長年不妊治療を受けている方も多くいます。

身体の状態としても、年齢的にもなかなか妊娠が難しい方もいます。

私たち大新生殖中心は、そうした悩みを抱える女性の役に立てるよう、
着床前診断や卵子提供といった治療等を通して、妊娠をお手伝いしています。

妊娠のお手伝いを通して、その方がもつ夢を叶えることのお手伝いをさせていただいています。




ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

体外受精:年齢と流産率の関係

こんにちは。

今回は日本の体外受精の現状をお伝えしようと思っていたのですが、
その前に分娩率だけでなく、もう一つのシビアな問題、流産率についても
先に説明する必要があるとふと思いました。

予定を一回変更して、まず流産率の図を先にお見せしたいと思います。

まずはこちらの図をご覧ください。

前回は年齢と分娩率の関係を図で説明しましたが、
今回は体外受精をされた方の年齢と流産率の関係を表しています。

緑色の治療数と妊娠数は前回のグラフと同じですが、
流産率の割合をオレンジ色の折れ線グラフで示しました。

これは、日本産婦人科学会公開の2012年の治療結果を
こちらで見やすく整理をしたのものです。

体外受精によってご自身の卵子で妊娠をした場合、
30歳では15.4%、35歳では少し上昇し20.0%の方々が
流産となってしまっていることがわかるかと思います。

しかし、35歳からは流産率上昇の割合が上がり、40歳で35.4%。
さらに45歳の方では67.5%へと上昇しています。

前回の投稿でも書きましたが、年齢が上がることでどうしても
卵子も老化をしてきてしまいます。

染色体異常の割合も高まり、着床率も下がってしまうのですが、
せっかく妊娠をしても流産となる確率が上がってしまいます。

着床・妊娠の喜びのあとに訪れる流産という現実。

我が子ができた喜びのあとの悲しみ。

高齢妊娠では、妊娠がしづらくなるということに加えて、
流産する可能性が上がってしまうことも理解しておかなければならないのかもしれません。

ホームページ
卵子提供 台湾の大新生殖中心

4/13(土)に 卵子提供 着床前診断 説明会 を開催します・・・東京 & 仙台

NGS法の手順について 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜

こんにちは。

年末の投稿では、着床前スクリーニングで私たち大新も用いている、
NGS法というものを紹介させていただきました。

NGS法は染色体のDNAをまず細かい断片にします。

その断片を次世代シーケンサーというものを用いて、
一気に読み込んで、染色体の数が正常かどうかを判定しています。

今回はもう少し詳しく、NGS法の流れを見ていきたいと思います。

(1) 胚盤胞から細胞を採取
まず、胚盤胞から、将来胎盤になる部分の細胞のうちの数個を採取します。
詳しくは以前の投稿をご覧ください。
胚盤胞から細胞を採取する 〜着床前スクリーニング(PGS)〜

(2) 採取した細胞からDNAを抽出

“NGS法の手順について 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜” の続きを読む

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2019年に入って最初の投稿です。

皆さま、今年もよろしくお願いします。

お正月休みのある日本と比べて、
実は台湾では日本ほどには長いお休みはありません。

多くの会社では12月31日と1月1日はお休みになりますが、
1月2日からはいつもと同じように、
お仕事をスタートしているということも一般的です。

台湾ではそれ以上に旧正月という、旧暦で祝う正月の方が大事だったりします。

旧正月は1月21日頃から2月20日頃までで、毎年変わるのですが、
今年は2月5日が旧正月にあたります。

“明けましておめでとうございます” の続きを読む

染色体数の異常を調べるNGS法とは 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜

こんにちは。

前回は着床前スクリーニング(PGS)での
染色体数の異常を調べる方法のひとつ、CGHアレイ法をご説明しました。

CGHアレイ法で染色体数を調べる ~着床前スクリーニング(PGS)~

今回は、最新の分析機器を用いた、
NGS法というものをお伝えしていきたいと思います。

私たち大新生殖中心も、着床前スクリーニングにはこのNGS法を用いています。

この最新の分析機器は次世代シーケンサーと呼ばれていまして、
N: Next(次の)
G: Generation(世代の)
S: Sequencer(シーケンサー)
の頭文字をとって、NGS法という名前がつけられています。

NGS法を進める前に、DNAと染色体を整理しておきたいと思います。

“染色体数の異常を調べるNGS法とは 〜 着床前スクリーニング(PGS) 〜” の続きを読む